ダイエットでランニングするなら距離はどのくらい走る?

マラソンを始めた理由は何ですか?
こんな質問をすると、こう返ってくる事があります。

「スリムな体型になりたくて!」
「ビール腹を引っ込めたるため!」
「ダイエットです!」
多いですよね。ダイエット目的でランニングを始めた人。
確かにランニングをしている人ってスリムな人が多いですよね。

そう、ランニングはとてもダイエットに適しているんです!

何故って?
それは1番簡単な有酸素運動だからです。
だってそうでしょ?

用意する物は?
強いて挙げるなら運動靴

場所は?
安全な場所ならどこでも

お金は?
基本的に無料

時間は?
取り敢えず30分あればオッケー!

人数は?
1人で出来ます!

スポンサーリンク

誰でも簡単に出来てしまうのがランニングの魅力なのです。
水泳やサイクリングも立派な有酸素運動ですが、簡単に手軽に出来ないのが現状です!
さてさて、そんなダイエットに最適なランニングですが、一体どれだけ走るとどれだけ体重が減るのでしょうか?

はい!
例えば体重60kgの人が10kmランニングしたとします。
1km走るとおよそ体重と同じ位(体重×0.9)のカロリーが消費されます。

なので、10kmランニングすると

10km×(60kg×0.9)=540

なので、
約540キロカロリーが消費されるのです。

さて?540キロカロリーで、どれくらい脂肪が燃焼されるのでしょうか?

答えは約70gです。

え?
たったの?
と、思われるかもしれません。
10kmを走ってたった70gなのです。

いや!そんな事はない。私は走って1kg、2kg体重が落ちた経験がある!

そんな声が聞こえてきそうですね。
確かに10kmを走った直後は1、2kg体重が減ります。
しかし、その大部分は汗。つまり水分なのです。

数時間後には水分補給をし、体重は元に戻ってるはずです。

えーー。70gだったら、わざわざ10kmもランニングをして苦しい思いしたくないよ〜。

なーんて声が聞こえてきそうです。

そんな事ありませんんよ!
これを1カ月続けてみて下さい。

70g×30=2100

な、なんと!
2.1kgも体重が落ちます!
もちろん、食事の量はそのままという条件付きです。

さらに利点は
3日で飲まず食わずで体重を一気に落とすと、すぐにリバウドしてしまいますが、1カ月徐々に落とすとリバウドもしづらいのです。
では、1日どれくらいの距離を走った方がいいのですかね?

これは、個々の能力によって違いがでます。
実業団や大学生なら1日に20km走っても足りないくらいです。
それ位では、逆に体重が増えてしまうでしょう。
しかし、ランニング初心者が1日に20kmも走ったら根をあげてしまいます。

ですので、1日にどれくらいランニングすれば良いか?に正解はないのです。
個々の能力や環境によって違うので!

スポンサーリンク

では、例えば、
運動が苦手なランニング初心者の場合なら1日どれくらいランニングすれば効果的なダイエットが出来るのでしょうか?
一つの目安は30分になります。
距離にすると、3km〜5kmです。
大事なのは30分で終わらせる事。ペースはゆっくり。疲れない程度で構いません。
嫌にならない事が重要です。
明日もやろう。と気持ち良く終われる事が何より大事なのです。

例えば2回に分けても構いません。効果がなくなるのでは?と心配されるかもしれませんが、そんな事はありません。
距離が同じなら、同じ効果が得られます。

仮に1カ月続けると

走行距離は90km〜150kmになります。
脂肪にすると約1kg
とにかく
大事なのは1日の走る距離ではなく、1カ月の走る距離です。
毎日、続ける事が近道ですよ。

 

こちらの記事もおすすめです。
ランニングダイエットが続かない人必見!継続しても体重が減らないならこの方法がおすすめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ