冬のランニングの服装は何を身に付ければいい?

雪なんかに負けない道産子ランナーたちは、冬の間、体育館を走ったり、スポーツジムのランニングマシンで走っている人が多いようです。

しかし、最近では、アフターファイブにランニング仲間が集い、極寒の雪の中を走る物好きが増えています。

みんなで雪道を走って、銭湯に行くこともあるようです。

私は、冬の間は、ランニングマシンと屋外ランが半々ぐらいになります。

さて、今回のテーマは、冬のランニングの服装はどういったものを身につけるのかということです。

その他にも、夜間走る場合や都会を走る場合のポイントについても触れたいと思います。

スポンサーリンク

冬のランニングの服装は?

冬のランニングの服装で、まず大切なのは「シューズ」です。

雪が舞っている道を走るのはロマンチックな風情がありますが、一歩間違えば凍結雪道で大転倒という世にも恐ろしい事態になります。

そのため雪道ランニングの靴は、防水されたもので靴底が雪道でのグリップを高める仕様のものがおすすめです。

私は、アシックスのスノートレーニング用のシューズをはいていますが、雪上での滑りを押さえてくれますし、雪の進入を防ぐスノーガードも優れています。

その他、冬のランニングに必要なものとして、ウインドブレーカー・インナーシャツ・グローブ・帽子・ネックウォーマー・サングラス等があります。

北国のランナーの中には、走れば体が温まるので、ウェアーは少し寒いくらいで良いという人もいますが、私は寒さにめっぽう弱いのでがっちり着込んでランニングします。

防寒ウインドブレーカーの下には、ランニング用のロングタイツと長袖シャツを着ます。

ロングタイツの代わりに、ももひきをはくこともあります。

グローブと帽子は毛糸製のものを数種類使い、ネックウォーマーで首を冷やさないこともポイントです。

向かい風で吹雪きの時には、目を開けているのがつらくなるので、冬のランニングにはサングラスは必須アイテムです。

冬の北海道は、気温がマイナスになるのは当たり前ですし、風が吹けば体感温度はマイナス10度くらいになります。

その極寒の中、がっちりと着込み、転ばぬよう全身緊張しながら1時間も走るともう汗びっしょりとなります。

スポンサーリンク

夜間のランニングの服装は?

次に夜間のランニングの服装や注意点についてです。

最近では、走る人が増えるにつれ夜間のランナーの事故が急増しているようです。

夜は昼間と比べて事故のリスクが高まります。

それは、やはり暗闇による視界の悪さが原因です。自転車や車との接触や、障害物への衝突、溝への落下などの事故が多いようです。

自分の体を守るためにも、また、周りの相手にけがさせないためにも安全対策は重要です。

夜間の服装のポイントは、黒っぽい服を避けること。明るい色や蛍光色など夜間でも目立つウェアを着用することです。

私は、100円ショップに売っている蛍光タスキを腕に巻いて走ったり、反射・蛍光のロゴや模様がついたシャツや帽子を使っています。

ランナーは信号の少ない、人通りの少ないところを好んで走ってしまうことがあります。交通量が少なく、街灯なども少ない場所は、夜になると危険な場所になることを認識する必要があると思います。

都会ならランニングステーションがおすすめ

さて最後は、都会のランニングですが、都会とランとくれば、ランニングステーションが思い浮かびます。

皇居ランナーのために皇居周辺には多くのランニングステーションが点在しています。

それらのランニングステーションは、女性客向けにみなおしゃれな作りになっていますし、シャワーやロッカー施設も充実しています。

また、ボディーソープやシャンプー、コンディショナーを取りそろえており、快適なアフターランニングを過ごすことができます。

私もわざわざ北海道から皇居ランに行きますが、丸の内ランニングステーションで汗を洗い落としています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ