ウォーキングとランニングの効果の比較!どっちがいい?

最近、健康ブームを実感してます。
私は毎朝ランニングをしてますが、年々、走っている人や歩いている人が増えているんです。

あー。やっぱり皆さん、健康に気を付けて生活をしているんだなー。
と、思う今日この頃です。

さて、ランニングとウォーキング、どっちが健康にいいの?
と、聞かれる事がありますが、どちらが良いのでしょうか?

答えは…
どっちでも良いです。
では、なく、
どっちも良いです!

個々の目的や能力によって違いがあるので、どちらが良いと言えませんが、どちらも健康促進にとても良い運動です。
効果はほとんど一緒なので、目的や自分の能力に合わせて選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ウォーキングの場合は中高年の方や少し肥満な方でも気軽に行えるので、これから運動を始めようという方はウォーキングから始めるといいかもしれません。

どちらの運動も多少の上下はありますが、効果は一緒ですので!

心臓病の危険因子の減少
ダイエット
心肺機能の向上
体調調整
ストレス発散

などなど、健康促進に効果があります。

大きな違いと言えば、着地時に受ける衝撃でしょうか?
ランニングは体重の約3倍であることに対し、ウォーキングは必ず片足が地面についてる為、体重移動が穏やかで、着地時に受ける衝撃は体重の約1.3倍です。
その点では、ウォーキングの方が足、筋肉、関節に優しい運動といえます。

しかし、当然ながらランニングの方が負荷が高いので、効果が高いです。
例えば、ダイエット効果!
同じ時間行うなら約2倍ランニングの方が消費カロリーが高いです。

どちらにも、多少のメリット、デメリットはありますね。
さて、どちらが、お勧めかと言いますと、

私はランニングをお勧めします。

理由は2つあります。

スポンサーリンク

1つ目は時間です。
例えば、5km運動しようとします。
ランニングだとおよそ30分
ウォーキングだと1時間以上かかってしまいます。
忙しい日本人。時間はしっかり確保出来ますか?
出来るだけ短い時間内に収める方が継続して行えるはずです。
特に朝の時間は貴重です。
2つ目は大会の多さです。
近年、マラソンブームの影響もあって色々な所でマラソン大会が開かれてます。
大勢の人、皆さんと一緒に走るというのはモチベーション上昇に繋がります。
次はこの大会に出場してみよう。
次はこれ位の記録で走りたい?
など、日々の練習にも身が入ります。
それが、日々継続に繋がります。

私は基本的にランニングしかしませんが、足を故障してしまった時にウォーキングをします。
現役時代に故障してしまった時は
3時間位歩いてました。
1人で歩くと、
まぁ~長いですね。時間が進むのが遅い遅い。
f^_^;
流石に嫌になってしまいました。ただ、動かないと訛って、太ってしまうので、ひたすら歩いて復帰した時にスムーズにいけるようにしてました。
思い出すと嫌になります。

ただ、嫌にならずに楽しく長くウォーキングする方法があります。
誰かと一緒に歩く事です。
私は一度だけ6時間歩いた事がありますが、その時は可愛い女子部員と一緒でした。
その時は時間を忘れてましたね。もっともっと歩きたいと思ったほどです。
一体どれだけ歩いたんだろう?
いかに楽に、楽しく続ける方法を見つける事が健康促進の近道ですよ。

ただ、音楽を聴きながら行う時は周りに注意しましょう。
とっても危険ですので。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ