福岡マラソン2016のコースを攻略するために重要な4つのポイント!

東京マラソンが始まってから、都市マラソン大会の人気はものすごいですよね。

東京マラソンはもちろん、大阪マラソン、横浜マラソン、千葉アクアラインマラソン、湘南国際マラソン、福岡マラソンなどなど、普段は走る事の出来ない道路を貸しきって走れる訳ですから、それはもう人気があって当然です。

東京マラソンは、当選確率が10倍以上の倍率ですからね。

走りたくても走れない。いつの間にかそんな時代になってしまいましたね。

参加費用が大体1万円ですからね。中には5万円、10万円払って出場する方もいます。

「そこまでして、何故走りたいの?」と、思う方もいるでしょう。

私も、もう10回以上マラソンを走ってきましたが、理由を聞かれても何と答えて良いか…。

まぁ、完走した人しかわからない充実感!これが味わえます。

はい!その中でも、福岡マラソンは2014年に第一回大会が開催された新しい大会です。

スポンサーリンク

福岡マラソン2016のコース

当然、他の都市マラソンと同様に超人気マラソン大会です!

定員は10000人で、30000人以上の応募者がいるので、20000人以上の方は走りたくても走れない計算になります。

都市を走る
海を走る
未来を走る

が、大会キャッチフレーズで、まさに、その名の通り、福岡の中心地をスタートし、海沿いを走る、アップダウンの少ないコースです。

そして、スタート地点とゴール地点が違う、数少ないマラソン大会の一つです。

これは、コースに飽きないという点ではメリットになりますが、初めての景色が永遠に続くので、やや不安に思う方もいます。

私は、どちらかというと、スタート地点とゴール地点が一緒の折り返し型の方が好きです。

なぜなら、走ってきたコースを逆走するので、どの程度のアップダウンがあるのか、砂利道など、走りづらい道路があるか、など、ある程度予測出来て安心出来るからです。

また、もし向かい風の場合、永遠に向かい風で、追い風の場合は永遠に追い風と、気候によって記録が大きく違ってきてしまう点も、今の自分の状態が正確に測れないので嫌ですね。

まぁ、これは本当に好き嫌いがあるので、どちらとも言えません。

まず、福岡マラソンで注意しなくてはいけないのは次の4つです。

ペース配分
給水
海沿いでの走り方
事前準備 (ワセリン シューズ)

ペース配分

まずはペース配分です。

福岡マラソンのコースは大きな高低差はありません。

だからといって最初から飛ばしてしまうのはいけません。

目標記録を設定し、ペース配分を決めておきましょう。

気をつけてほしいのが最初の1kmです。

どうしても、気が高ぶってしまい速く入ってしまうんですよね。

最初は、これでもか!っと思うくらいゆっくり走りましょう。

仮に本当に遅くても、最初の1kmなので、後でいくらでも挽回できます。

それよりも、余計な乳酸を身体に溜めるのを避けましょう。

スポンサーリンク

給水

天候にもよりますが、福岡の11月初旬はまだまだ、暑いです。

給水が記録や、完走など、マラソンの運命を変えるといっても過言ではありません。

大きなマラソン大会であれば、5km毎に給水地点があります。

最初から全部取りましょう!

最初の5kmなんて、まだ、必要ないよ!と、思うかもしれません。

そんな事ないですよ。

喉が渇いてからでは遅いのです。渇く前に取れば、汗もかきやすくなり、後半の走りに差が出てきます。

給水は取れる時にしっかり取りましょう。

確かに給水地点は混雑して、タイムロスもしてしまいますが、面倒くさがって取らないと、後で大変な事になります。

止まっても良いです。しっかりと取りましょう。

給水地点での10秒のロスが後々の、ラスト10kmに響いてきます。10分以上の違いが出るかもしれないし、完走にも繋がります。

海沿いでの走り方

正直、私は福岡マラソン大会を走った事がありません。なので、正確にコースは把握してません。

しかし、一般的に海沿いは風が強いものです。

もしも、追い風であれば、特に問題はありませんが、向かい風であれば、馬鹿正直に前を走っていると、大きな体力消耗に繋がります。

向かい風であれば、人の力を借りましょう。

人の後ろを走りましょう。

そう。風よけです。

何だか人聞きが悪いですが、マラソンは人の力を借りて走る事も重要です。

ここでの、体力温存が後々、30km以降に響いてきます。

事前準備

これは、本当に大切です。

食事や睡眠なども大切ですが、シューズや皮膚のケアをしっかりしておきましょう。

30kmまで何ともなくても、それ以後は、痛みに悩まされます。

まず!シューズは自分にあったサイズの物にしましょう。

靴づれすると、苦しくて痛くてダブルパンチです。

あと、シューズで気を付けなければならないのは、靴紐!強く結び過ぎるとこれも、チョットした高低差で響くような痛みが走ります。

あとは、ワセリン!ワキや股、乳首など、肌と肌が擦れるところには事前に塗っておきましょう。
出血などが避けらます。

マラソンは完走して、始めて充実感が味わえます。

トラブルを回避し、完走を第一の目標として頑張りましょう。

マラソン大会前におさえておきたい記事
ランニングフォームは腕振りが重要!マラソン終盤まで効果のある正しい方法とは?

持久走や長距離ランニングで疲れない走り方とは?体幹と呼吸を意識せよ!

マラソン完走のコツは柔軟な考え方を持つことである!

マラソンで30kmの壁を乗り越える方法!ポイントはエネルギーを溜め込むこと!

マラソンの前日と当日の食事は何時に何食べる?体調を整えよう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ