ランニングウェアのメンズの冬の重要ポイントは保温です!

皆さんはどのような格好でレースに臨んでますか?
ランパン、ランシャツ姿?
まぁ夏は暑いですからね。ランパンランシャツで良いかもしれませんが、冬はそうはいきませんよね。

今はネックウォーマーやアームウォーマー、レッグウォーマーに帽子に手袋、保温機能が充実した様々なアイテムが発売されてますよね。

しかも、ファッショナブル!!

様々なアイテムを使いこなす事が出来れば色々とメリットがありそうです。

スポンサーリンク

さてさて、私はですが…
そんな事言いながら。。。
冬も変わらずランパンランシャツで走ってます。…ました。
箱根駅伝で1区(1月2日スタート8時)を走った時も1人だけ手袋もせずに走ったくらいですから。
だって、そっちの方が闘志があって強そうじゃないですか!
(身体が熱くなった時に、手袋やアームウォーマーを沿道に捨ててしまうのはもったいないと言う気持ちも少しありましたが。。。)
f^_^;

ところが、そんな事を続けてるうちにある事件がおこりました。マラソンは長丁場で、身体の保温が命取りになります。
一度、低体温症になってしまった事があるのです。
2013年4月、かすみがうらマラソンを走った時の事です。その日は季節外れの寒さで雨がザァーザァーと降っていました。
私はいつも通りランパンランシャツ姿でスタートしたのですが、身体は一向に温まらない、どんどん冷えていってしまい、動かなくなり意識も薄らぐ。。。結果、30km付近でリタイアです。
生まれて初めてのリタイアでした。

しっかり対策しないといけないな。
と、この時初めて思いました。

スポンサーリンク

例えば、手袋をするだけで、Tシャツを1枚着るのと同じ位、身体の保温になります。
アームウォーマーやネックウォーマーをするだけで、その効果は何倍も変わってきます。
特に今のアイテムは通気性や吸収性に優れていて、つけていてほとんどストレスになりません。

装着した方が良いのです。

特に一般のランナーの方はペースがそれほど速い訳ではありません。
保温は必須です。
一つの目安は気温10℃。これ以下の場合は必ず保温アイテムをつけて走りましょう!

コーディネートは…
センスは各自にお任せです!私はオシャレには無頓着なので、わかりません。
ただ、男の場合はそれほど、こだわらなくてもいいのでは?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ