京都マラソン2016に出場する芸能人は誰?まとめてみました!

2012年に始まった京都マラソンは今年で第5回目を迎えます。

京都マラソンには毎年芸能人や文化人、タレント等の有名人がマラソンやペア駅伝に参加しています。

京都マラソンの1週間後に東京マラソンが行われていますが、東京マラソンの制限時間は7時間、一方の京都マラソンは6時間(5時間40分で完走できることが参加資格)です。

この1時間の差は芸能人にとって大きいと思います。

話題作りのためにぜひ完走したい芸能人には、京都マラソンの制限時間の厳しさは出場をためらうことになっていると思います。

これまでの京都マラソンに出場した芸能人を見ると、規模の大きさや人気度から考えると少ない感じがします。

さて、今回のテーマでは、京都マラソン2016に出場するだろう芸能人について説明します。(これまでの出場動向から推察しました。)

スポンサーリンク

まずは、2012年大会から出場している森脇健児(お笑いタレント)は出場すると思います。

高校陸上の名門・京都洛南高校陸上部出身のスポーツ万能タレントです。

2000年以降は長距離走での活躍が多く、全国各地のマラソン大会にはゲストランナーとして参加しています。

京都マラソンには、第1回大会からチャリティーランナーとして参加しており、京都マラソンへの思いは人一倍強いと思います。

次に出場の可能性が高いのは、山中伸弥(京都大学教授)と大平サブロー(よしもと・芸人)です。

ips細胞でノーベル生理・医学賞の山中教授はマラソンランナーとしても有名です。

当初は、研究資金の寄付を募るために京都マラソンに出場していました。

大阪マラソンにも出場をしていますが、自己ベストは京都で出しておりますし、京都とゆかりの深い方なので出場すると思います。

大平サブローは趣味がマラソン、ホノルルマラソンや間寛平のアースマラソンの伴走も務めています。

昨年も京都マラソンを走っており、まあまあ良いタイムでしたので参加の可能性か高いと思います。

スポンサーリンク

地元テレビ局のKBS京都は、京都マラソンの特集番組を放映しています。

その関係で毎年、KBS京都のアナウンサーがランナーとして出場しています。

昨年は、遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)と木村寿伸(KBS京都アナウンサー)の同期入社組が出場しています。

今年も森谷威夫(KBS京都アナウンサー)も加え、アナウンサーの何人かは出場すると思います。

また、しもぐち雅充(FM京都DJ)も昨年出場しており有力です。

他には、京都や関西ならではの芸人さんが参加しています。

今年、参加する可能性があるのは、団長・安田(安田大サーカス・松竹芸能)、クロちゃん(安田大サーカス・松竹芸能)、駒場孝(ミルクボーイ・吉本)、和田美枝・市川義一(お笑いコンビ・吉本)、桂あおば(落語家・吉本)あたりと思われます。

各地のマラソン大会のゲストランナーやランニング講師として活躍している元長距離ランナーでは、谷川真理、千葉真子、川上優子が考えられます。

また、文化人として石原良純(タレント・気象予報士)、ジミー大西(画家)、赤星憲広(元プロ野球選手)、八木早希(アナウンサー)あたりです。

意外なところでは、安部友恵(100㎞ウルトラマラソン女子世界記録保持者)、アン・ミカ(モデル)、森理世(モデル・ダンサー)です。

京都マラソン2016に出場される方は、どんな芸能人と出会えるのか、ワクワクしながら走ってみるのも楽しそうですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ