洞爺湖マラソン2016の宿泊ホテルのおすすめはココ!地元民が教えます!

今回のテーマは、洞爺湖マラソンのおすすめ宿泊ホテルについてです。

洞爺湖地区には、洞爺湖温泉街のほかにも、近場に北湯沢や伊達市、室蘭市などがあります。

しかし、洞爺湖マラソンの会場(スタート・ゴールと本部会場、更衣・荷物預け会場、記念品・お土産販売店)は洞爺湖温泉街にありますので、マラソン参加のためには会場に近いところが便利です。

また、前夜祭は本部会場で行われますが、それに参加したいというランナーの方にも近いところが便利です。

ちなみに、前夜祭は参加料1000円で豪華料理などが堪能できます。

結果、おすすめホテルの場所は洞爺湖温泉街にあるホテルということになります。

スポンサーリンク

洞爺湖温泉街には次のようなホテルがあります。

ザレイクビュー乃の風リゾート
大和旅館アネックス
洞爺観光ホテル
洞爺万世閣ホテルレイクサイドテラス
洞爺山水ホテル和風
絶景の湯屋洞爺湖畔亭
洞爺湖温泉北海ホテル
ホテルグランドトーヤ
ホテルサンパレス
湖畔の宿洞爺かわなみ

洞爺湖マラソン大会では、JTBツアーやじゃらんパック、ANAパックなど、各旅行会社がツアーを販売します。

これらのツアーには、前日にバスでコースを下見したり、レース終了後の交流会などのサービスがついています。

また、大会のホームページから申し込む宿泊プランもあります。

ツアーやプランで扱っているホテルは、全て上記のホテルが含まれていると思います。

紹介している10のホテルは、全て温泉ホテルですし、大会会場まで徒歩10分圏内です。(ホテルサンパレスは15分、湖畔の宿洞爺かわなみは20分)

これらのホテルには、価格やお部屋、食事、お風呂、サービスなどにそれぞれ特色があります。

私は、つい最近まで3年間洞爺湖町に住んでおり、これらのホテルをよく利用していました。

そのとき感じたことや街の評判などを加味し、私のおすすめホテルを紹介します。

ランナーのみなさんの価値観にあったホテルにぜひ宿泊してほしいと思います。

スポンサーリンク

総合的には洞爺山水ホテル和風

価格、サービス、食事、お風呂、お部屋のなどを総合してホテル和風をおすすめします。

建物は新しくありませんが、スタッフの方のおもてなしも行き届いていますし、館内の清潔感や落ち着きもあります。

これは、最近増えている中国からの観光客が少ないからだと思います。

お風呂は大きな広さはありませんが、泉質は洞爺湖温泉で一番良いと聞いています。

食事もおいしく、朝食には地元野菜の温野菜がたっぷり出ます。

洞爺湖温泉 洞爺山水ホテル 和風

乃の風リゾートと洞爺湖畔亭もおすすめ

この2つのホテルに共通するのはお風呂の良さです。

洞爺湖を一望する大浴場は何度でも入りたくなります。

食事は部屋食、ビュッフェともに評判は良いです。

ただし、乃の風リゾートの方は、リゾートホテルとして高級感を売りにしているので価格は高いと思います。

一方の洞爺湖畔亭は、お手頃な価格のホテルとして利用されています。

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

絶景の湯宿 洞爺 湖畔亭

お風呂のバリエーションは洞爺観光ホテル

このホテルには、大浴場の他に露天風呂、サウナ、洞窟風呂、岩盤浴があり多彩な温泉を楽しめます。

露天風呂に出ると洞爺湖がすぐ近くに感じられます。

価格はお手頃ですので食事やお部屋はあまり期待できません。

洞爺湖温泉 洞爺観光ホテル

価格なら洞爺湖温泉北海ホテル

こじんまりとしたホテルですが清潔感があります。

温泉街から少し離れていますが、マラソンスタート地点の近くです。

夕食は部屋食、朝食はバイキングが基本でまあまあの内容です。

お風呂は洞爺湖に面していますが大きくありません。

価格はお手頃だと思います。

洞爺湖マラソンで宿泊ホテルをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

洞爺湖温泉 北海ホテル

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ