ランニングに最適なアームバンドでiPhoneと走ろう!おすすめはコレ!

街中をランニングしているランナーは、その多くがスマートフォンを携帯しています。

私はiPhoneを持っているので、iPhoneとともに走っています。

どうやって持ち運んでいるかというと、アームバンドを使っています。

今回は、そのスマートフォンとアームバンドについて説明します。

スポンサーリンク

なぜ、スマートフォンを持って走るか

ランニングの時に、iPhoneなどのスマートフォンで音楽を聴いたり、ランニングアプリを使ったりと、トレーニング中にiPhoneを使うことで、いろいろなメリットがあります。

大事なおともとしておしゃれでスタイリッシュなケースが欲しいところです。

ランニングなど、体に負荷を与える運動はモチベーションが大事です。

iPhoneがあれば、トレーニング中に音楽が聴けますし、自分自身の戦いに勝つために、お気に入りの音楽を入れておけば、長い距離を走ることができます。

また、ランニングアプリを使うと、起動して走るだけで走行距離や時間、走った場所、ペースなどが記録され、データとして保存されます。

どれだけ長い距離を走れるようになったのか、ペースが上がったかなどアプリで知ることができます。

このようにiPhoneを使うことで、モチベーションを高め、目的を持ってランニングに取り組むことができます。

そして、iPhoneを携帯するときにはアームバンドやウエストポーチなどを使います。

主に家の近くでトレーニングをする人や、比較的激しいランニングをする人はアームバンドがおすすめです。

長めに走る人、小銭を持って電車で移動してランニングする人などはウェストポーチタイプが良いと思います。

スポンサーリンク

アームバンドを選ぶポイント

最近のアームバンドは、MPOW、Aukey、ベルキンなどの海外メーカーが、デザイン性と機能性のバランスのとれた製品を販売しています。

アームバンドは、おしゃれなデザインや色のものを選んで、ランナーの個性をさりげなく演出するものが良いと思います。
そのほかのポイントとして、腕につけるサイズは大丈夫か、iPhoneとアームバンドの大きさは大丈夫か、どの程度の防汗・防水があるか、雨に対してどうか、操作しやすいか、イヤホーンの穴は空いているか、価格は安いかなどがポイントになります。

おすすめアームバンド

スマートフォン用アームバンドには、次のようなおすすめ製品があります。

▲MPOWアームバンドケースiPhone6用
価格が安く、防汗性や快適性に優れ、付けてやすくiPhoneを操作しやすい。ランナーに人気の商品です。

▲AukeyスポーツアームバンドiPhone6用
通気性のある快適な素材で、強いマジックテープを採用し、しっかり腕を振ることができます。

▲iPhoneアームバンドケース EOTWiPhone6/6S
やわらかい手触りの素材を採用し、クッション性もあり、通気性も優れ、心地よい装着感があります。腕にぴったり合うサイズまで調整できます。

▲Omakerキーホルダー付きランニングアームバンド
キーホルダーも設計され、ランニングの時に持つキーと小銭が保管できます。粘着力が強く、途中で落とすことはありません。

お気に入りのアームバンドを見つけてランを楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ