ランニングウォッチのおすすめはコレ!GPSは必須?選び方をご紹介!

ランニングアイテム(シューズ、ウェアー、バック、サングラス、キャップ、グローブ等)の中でシューズと並んで欠かせないアイテムは、ランニングウォッチだと思います。

スマートフォンアプリでも、そこそこ数値計測はできますが、機能性やファション性等、ランニングウォッチにはかなり水を空けられていると思います。

今回は、ランニングウォッチのあれこれについて説明します。

スポンサーリンク

ランニングウォッチの特徴

ランニングウォッチの基本的な機能としては、クロノグラフ機能(ストップウォッチ)があること、ラップタイム(区間タイム)がとれること、防水機能が付いている、バックライトが付いていて暗闇でも表示が見えることです。

また、走りながら操作するので、文字盤のデジタルが見やすく、ボタンが押しやすいことも重要です。

これらが備わっていれば、レースやトレーニングにも十分に対応できると思います。

ランニングウォッチのさらに高度な機能としては、心拍数を計測できる機能、GPSを利用した機能(距離、ペース、タイム、ラップ)、消費カロリーの活動量計の機能、自動ポーズ機能(信号待ちで計測を一時休止し、走り始めると再開)、バイブレーション機能、Gセンサー機能(加速度計)ワークアウト機能等があります。

Gセンサー機能とは、スピードや距離の他に、ピッチ数やストラド幅、上下動を測定します。

ワークアウト機能とは、レース予想タイムの提示や、目標ペースを設定しておくと、そのペースから外れた場合に音と振動で教えてくれる機能です。

このように、年々進化しているのがランニングウォッチの機能です。

ランニングウォッチを買う際に、あった方が良い機能

ランナーがランニングウォッチを購入するときのポイントとしては、価格(コストパフォーマンス)や機能、そしてデザインになると思います。

機能としてぜひ、備えてほしいのはGPSを利用した機能で、初心者のランナーの方にも便利な機能だと思います。

長めの距離を走るには、一定のペース(イーブンペース)を守ることが必要になります。

イーブンペースで走れるようになるとペース感覚が身に付き、レースに出た時にも好記録に繋がっていきます。

また、GPS機能を使うことで、コースや区間毎のペース等を確認したり、記録したりできるので、ランニングへのモチベーションも向上していきます。

もう一つ高度な機能を加えるとすれば、心拍数を計測できる機能になると思います。

それがついていない場合は、手首などで脈を測りますが、慣れないと難しいと思います。

心拍数を知ることで運動強度を設定できますし、効率の良いトレーニングができます。

私も、次はこの機能が付いたものを購入する予定ですし、あった方が良い機能だと思います。

ただし、心拍数を計測できる機能が付くと価格は5000円くらい高くなります。

また、GPS起動時の稼動時間が最低10時間以上はあった方が良いと思います。

スポンサーリンク

ランニングウォッチのGPSやペース計測の精度

GPS機能は、GPS衛星が地上へ放射している位置を測定するための電波を受信して、位置や速度などを表示しています。

ランニングをしていてビルの谷間に入ったり、トンネルを通過したりすることで、電波受信状況が悪くなる場合があります。

GPSで距離やペースを測定する場合、その時の電波受信状況によって多少の誤差は生じるようです。

また、真っ直ぐな直線コースよりも、トラックを何周も走るような周回コースの方が誤差は生じやすいようです。

ただ、その誤差は、市民ランナーが気になるほど大きくありません。

多少古いランニングウォッチですと、GPS測位に時間がかかったり、測位できなかったりします。

最近のランニングウォッチは、測位時間が大変早くなり、確実に測位できます。

おすすめのランニングウォッチ

ランナーに人気のランニングウォッチは、セイコー・エプソン、SUUNTO(スント)、GARMIN(ガーミン)のメーカーになります。私がおすすめするランニングウォッチとして、次の4つを紹介します。

▲価格と機能面から
GARMIN ForeAthlete225j
EX2-906 GPS腕時計[ライム×グレー]

▲レディス向けにファッション性重視(GPS機能なし)
TIMEX IRONMAN 30-LAP FULLSIZE タイメックス アイアンマン 30ラップ
ソーマ★[SOMA]ランニングウォッチ RunONE 100SL ★最新モデル 国内正規品

デザインなどの好みもあると思いますので、ぜひ自分にあったランニングウォッチを見つけてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ