ランニングでふくらはぎの痛みや張りが気になる!原因と対策は?

ランニングをしていると、比較的負担がかかりやすいのが、ふくらはぎです。

私自身も、ふくらはぎに張りが出てしまい、ランニングを休むことがあります。

ふくらはぎの痛みを我慢して走っていると、アキレス腱を痛めることもあります。

今回は、ランナーであれば誰もが経験するふくらはぎの痛みについて、その原因や対策などについて説明します。

スポンサーリンク

ふくらはぎの痛みや張りの原因

ふくらはぎの痛みの一番の原因は、オーバーワークです。

自分のペース以上のハイペースで走ったりする、または、距離をいきなり伸ばそうとすることで、ふくらはぎに痛みが出ることがあります。

そのように、ハードなランニングをすると、筋肉への酸素の供給が不十分になり、乳酸という疲労物質が残り筋肉痛が起こります。

ランニング初心者の方によくあることですが、まだ筋力不足の段階で、ジャンプするような走り方でランニングをすると、ふくらはぎの筋力が負荷に耐えきれなく痛みがでる場合があります。

ふくらはぎの筋肉の痛みには、筋膜が炎症を起こす場合もあります。

これは、繰り返し強い衝撃を受けることで筋膜が硬くなるために起こります。

日頃、運動不足の人が、いきなりランニングを始めたりすると、疲労が蓄積し筋膜炎を起こすことがあります。

ふくらはぎの痛み・張りの解消法

ふくらはぎに多少の張りがあると感じる場合は、ストレッチを入念に行い、軽いランニングを行うことで、ふくらはぎが負荷に耐えられるようになることもあります。

しかし、痛みが長く続き、歩くことに支障があるのであれば、ランニングは控えた方が良いです。

我慢をして走ることで、余計に痛みが大きくなり、肉離れを起こす場合もあります。

まずは、ふくらはぎの痛みを取ることや、張りを和らげることが先決です。

ふくらはぎの痛みを和らげる方法としては、「マッサージ」「ストレッチ」「テーピング」「ぬるめのお湯での入浴」などが効果的です。

特に、お風呂上がりのストレッチやマッサージは、血行を良くし固まった状態の筋肉を伸ばす効果があり、おすすめです。

スポンサーリンク

ふくらはぎが痛まないようにする対策

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれており、ふくらはぎが硬くなると血流が悪くなってしまいます。

そこで、ふくらはぎを冷やさないように着圧ストッキングやランニングタイツなどを活用すると良いです。

また、寒い時など、走り出す前の筋肉は硬直しているのでウォームアップを入念に行うことも大切です。

マラソン大会など長い距離を走る場合など、大量の汗をかいて身体から塩分やミネラルが不足し、ふくらはぎが痙攣することがあります。

水分補給をする場合は、水と塩分も一緒に補給することをおすすめします。

サポーターの効果

ふくらはぎのサポーターとしては、着圧ストッキングとランニングタイツがおすすめです。

これらは、太ももやふくらはぎに適度な圧力を与えて血流を活発にし、疲労を軽減します。

また、テーピングの原理で膝や関節、筋肉などをサポートします。

特に、ふくらはぎのサポーターには、ZaMSTの着圧ストッキングをおすすめします。
ザムスト LC−1 つま先オープン

私も着用することがありますが、ふくらはぎの疲労軽減には効果が大きいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ