マラソンの風の対策おすすめ2つ!影響を小さくする方法とは?

海沿いを走る時や、河川敷のマラソン大会では風が強く吹き続けることがあります。

また、2月~3月の時期の大会では、春一番が吹き風に悩まされることもあります。

ランナーにとっては、雨より手強いのが風です。

今回は、マラソンの風の影響と対策について説明します。

スポンサーリンク

マラソンの風の影響

風速は、3.4~5.5m/s(風力3)で小枝が揺れる状態で、向かい風になると走りにくさを感じるようになります。
5.5~8.0 m/s(風力4)になると埃が宙に舞いだし、風が憎たらしくなります。

春一番は8.0 m/s(風力5)以上の風を指しますが、傘が差しにくくなる状態なので、ランニング中に大きくバランスを崩すほどの強風になります。

マラソンでの風の影響で一番気になることは、体温を奪うことです。

風のため、スタートの時の気温とゴールの時の気温差が10度以上もある場合があります。

また、風によってかいた汗が乾きにくくなり冷えにつながります。

レース後半になるとエネルギーが切れてきて体温は自然に下がりますので、低体温症への注意が必要になります。

また、風によって舞い上がった埃やゴミ等が目や口、鼻に入ることもあります。口や鼻の場合は、鼻をかみ給水場でうがいをすることで解消できますが、目は細心の注意が必要になります。

タイムロスもあります。

追い風ではペースが上がり、向かい風でペースが落ちという具合に、予定したペースが狂うことになります。

強風の場合は、無理することなく設定したペースを落として走るのが良いと思います。

スポンサーリンク

マラソンの風対策

マラソンの風対策としては、ウェアでの対策と走り方の対策があります。

1.ウェアでの風対策

風は体温を奪っていくので、手袋やタイツ、ネックウォーマー、アームウォーマーで体温調節をします。

また、マラソンでの風は、追い風になるとかいた汗が乾きにくくなります。

そこで、速乾性のウェアを身につけることで体温の低下を防ぐことができます。

追い風では体感温度が上がり、向かい風では体感温度が下がります。

手袋やネックウォーマーは、風の向きに合わせて着けたり取ったりすると効果的です。

目を保護するためにはサングラスを使います。

サングラスは紫外線対策だけでなく、埃やゴミ、花粉の侵入を防いでくれます。

そのようにサングラスを着用することで異物の進入の心配もなく、安心して走ることができ疲労度も軽くなります。

ちなみにコンタクトの場合は、ずれにくくてはずれにくいソフトコンタクトレンズの方が安心です。

コンタクトをしていると、目が乾きやすくなるので、含水率(レンズが含む水分の量)の高いコンタクトを使うと良いと思います。

目が乾きやすい方は、コンタクトの上にサングラスの着用をおすすめします。

2.走り方での風対策

向かい風に対しては前傾姿勢で進みます。

背筋をしっかり伸ばし、腰が曲がらないように走ることで、風を体の後ろに流していきます。

また、体が後方にあおられることがあるので、歩幅を短くして走り、体が空中にいる時間を少なくします。

追い風の時は、風に押されて歩幅が伸びてしまいます。

そうすると、着地の際にいつもより負荷がかかってしまうので、歩幅を意識して、いつもの歩幅で走るようにすると良いと思います。

レースに慣れてくると、風の強い時は、前を走る人たちの後ろを走り風よけに使うこともできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ