ランニングタイツは夏でも履いて走る?おすすめはコレ!

春になるとマラソンシーズンが本格的に始まります。

シーズンに向けて、ランニングウェアを新しく買い替えようかなと思う時期でもあります。

最近は、マラソン大会でも男女を問わず、ランニングタイツを着用しているランナーが増えてきました。

ランニングタイツはファッションの目的もありながら、しっかりと機能的な効果があります。

また、寒い時期の保温効果だけでなく、気温の高い夏場でも着用しているランナーが多くいます。

今回は、ランニングタイツの効果と着用時期等について説明します。

スポンサーリンク

ランニングタイツの効果とは

ランニングは、通常の歩行に比べて足や腰にかかる負担が約3倍と言われます。

ランニングを楽しむためには、できるだけ無理な負担をかけないようにすることが重要です。

ランニングで無理をしたばかりに、最も故障しやすいのは膝です。

その中でも多いのが、膝の外側が痛むランナー膝と言われるものです。

その他、腰や背中、股関節、アキレス腱等に痛みが出てくることが多いです。

ランニングタイツを着用することで、パフォーマンスの向上と筋肉のサポートによる膝や腰のトラブルを防ぐことができます。

ランニングタイツの効果には、大きく3つあります。

1. コンプレッション効果

ランニングタイツには着圧(コンプレッション)機能があります。

太ももとふくらはぎに適度な圧力を与えて筋肉ポンプが正常に作用してくれることをサポートします。

筋肉ポンプが正常に活動することで、体内の血行が良くなり、疲労軽減、疲労回復に有効に作用します。

2. サポート効果

ランニングタイツには、テーピングの原理で筋肉をサポートし、膝の負担を軽減してくれる機能があります。

また、股関節や腰周りの筋肉や体幹をサポートし、疲労や腰痛を軽減する効果があります。

3. 温度調整効果

ランニングタイツの多くは、吸湿速乾性に優れたポリエステル素材が使われており、夏の暑い時は汗を吸収発散する際に体温を下げてくれる効果があります。

また、冬の寒い時は、冷たい風を遮り保温効果があります。

夏場でもランニングタイツは着用するのか?

ランニング用として作られているタイツは、生地が薄く通気性が良いものが多いので、暑さは気になりません。

女性は、紫外線対策として着用する方も多いようです。

ファションとして、UVカット加工されたボトムス(下半身に着るウェア)と合わせて着用する方もいます。

走るごとにランニングタイツを着用する必要はないと思いますが、体への負担を少しでも軽減したい場合は、夏場でもランニングタイツの着用をおすすめします。

スポンサーリンク

ランニングタイツのお手入れ

ランニングタイツは消耗品なので、2~3年使用すると機能的には効果が薄くなります。

シューズも何足か履き替えることで長持ちしますので、ランニングタイツも2~3着あると良いと思います。

ランニングで着用するたびに洗濯はしますが、洗濯機はできるだけ使わず押し洗いをすることで傷みは少なくなると思います。

傷みは脚の太さにも左右され、股ズレをしてしまう人は摩擦で擦れてしまうので、擦れる部分にテーピングを貼って防止することができます。

おすすめランニングタイツ

夏に向けてランニングタイツを準備しようと考えている方に、これは間違いないと言えるものをご紹介します。

C3fit メンズ パフォーマンスロングタイツ
C3fit レディース パフォーマンスロングタイツ
ランニングタイツの中で唯一一般医療機器に認定されており、着圧効果は抜群です。

ワコール メンズ CW-X ジェネレーターモデル
ワコール レディース CW-X ジェネレーターモデル
着圧機能とサポート機能を高い次元で兼ね備えています。

上記のタイツは本当におすすめですので、私としてはこれらの効果を体感してほしいと思っています。

しかし、そうは言ってもランニングタイツは高いです。

洗い替え用に複数持ちたいと思う方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、コストパフォーマンスに優れたランニングタイツRuntage アスリートランナーPROです。

各段に安いのに、ランナーのためにしっかり作りこまれています。

ランニングタイツにそこまでお金を出すのは・・・とためらわれる方にもおすすめできる商品です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ