走れメロスマラソン2016の宿泊ホテルのおすすめ4選!

青森県五所川原市で開催される走れメロスマラソンは、「立佞武多の館」をスタートし太宰治の故郷の金木町まで走るワンウェイレースの大会です。

大会は、8時10分に開会式が始まり朝が早い大会ですので、遠方の方や当日ゆとりを持ってスタートしたいランナーの方は、会場近くのホテルに宿泊すると良いと思います。

今回は、走れメロスマラソン2016の宿について説明します。

スポンサーリンク

受付・スタート地点の立佞武多の館周辺がおすすめ

ハーフマラソン参加者の方には、ゴール地点の金木小学校すくそばの津軽鉄道芦野公園駅から五所川原駅までの無料乗車券がナンバーカードと一緒に送付されてきます。

ゴールした後は、津軽鉄道に乗ってスタート地点に戻ることができます。

荷物は専用の袋に入れスタート地点で預け、ゴール地点で受け取ります。

朝が早い大会なのでスタート地点の立佞武多の館周辺での宿泊をおすすめします。

ただ、五所川原市はホテルの数が少なく、立佞武多の館周辺には4つの宿しかありません。早めの予約が必要だと思います。

旅館たなべ
・五所川原市布屋町25 JR五所川原駅より徒歩5分、車では津軽道五所川原ICから約5分
・昭和の風情を残している旅館です。部屋はきれいに清掃されており、食事も美味しいです。洗面所、WCは共同です。風呂は近くの銭湯に行きます。バスタオルと寝巻きは旅館にあります。部屋数は7室です。
・料金4,500円~

ホテルサンルート五所川原
・五所川原市布屋町25 JR五所川原駅より徒歩4分、車では津軽道五所川原ICから約5分
・五所川原市内のビジネスホテルでは唯一の天然温泉浴場が完備されています。駅、観光施設、飲食店等に近く便利です。朝食は8階の岩木山をのぞむレストランでいただきます。
・料金4,600円~

ホテル サンルートパティオ五所川原・五所川原市田町181 JR五能線五所川原駅から徒歩13分、タクシー約3分
・部屋は清潔できれいにされています。女性用のアメニティ(髪ゴム、洗顔ソープ、化粧水等)は受付に言うと無料でいただけます。温泉はホテルにはないので、受付で券をもらい、徒歩10分くらいの温泉に入ります。
・料金3,800円~

パークイン五所川原 エルムシティ
・五所川原市大字唐笠柳字藤巻66-12 津軽自動車道五所川原ICより車で4分、JR五所川原駅より車で7分
・きれいなホテルでサービスも良いです。大型ショッピングセンターが目の前にあり、近隣の観光施設へのアクセスも便利です。温泉は徒歩4分のところにあります。
・料金4,000円~

スポンサーリンク

その他の情報

ゴール地点で宿泊したい方は一つだけ宿があります。

民宿と食事処 エンゼル
・五所川原市金木町芦野84-715 津軽鉄道芦野公園駅下車芦野公園入り口に隣接
・全室和室で16室、収容人員70人です。お風呂は人工温泉があり、お部屋からは芦野公園の桜を見ることができます。太宰治ゆかりの場所も周辺にたくさんあります。
・料金3,700円~

走れメロスマラソンに参加するランナーの方で、宿泊する場合は、ほとんど五所川原市内に宿泊するようです。

青森市内への宿泊は、朝が早いので無理があるようです。

参加される方の中には、会場周辺に宿が少ないので、レンタカーを借りて車中泊される方もいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ