千歳JAL国際マラソン2016のコースを攻略!坂と道幅のパワー配分に気を付けて!

新緑の森の中を走る千歳JAL国際マラソンは、今年で第36回目を迎えます。

今年の大会キャッチフレーズは「緑にいやされ、笑顔はじける!この日だけの森林浴ラン!」と原点に戻り“森林浴”が強調されています。

この大会は、JAL(日本航空)が協賛企業として名を連ねているように、飛行機を利用して北海道外から参加されるランナーの方も多い大会です。

また、地元ランナーにとっても、制限時間が6時間と緩いので、初心者にも人気の大会となっています。

今回は、千歳JAL国際マラソンのコースの特徴や攻略ポイントを説明します。

スポンサーリンク

大会の日程と概要

大会は、2016年6月5日(日)、フルマラソン10時20分スタートで行われます。種目は、フルマラソン(5,000名)、ハーフマラソン(3,900名)、10km(2,000名)、3km(550名)、3kmファミリー(550名)の5種目で行われます。

フル・ハーフマラソン完走者のうち、抽選で1名に特別賞としてハワイ旅行がプレゼントされます。

また、姉妹都市賞として成績優秀なランナーの方に「いぶすき菜の花マラソン」(千歳市在住の方限定)「しまだ大井川マラソン」にご招待という特別賞も用意されています。

また、スタート時には、千歳市の陸上自衛隊・音楽隊とよさこいソーランチームが、音楽と踊りで大会を盛り上げてくれます。

コースと制限時間

支笏湖国立公園内と千歳川沿いを走る林間コースで、コースの約8割は森の中を延々と走るコースです。

スタートしてから34km地点までは未舗装路の林道で、残り8kmほどが道道支笏湖公園線沿いを走る舗装道になっています。

コースの高低差は約160mで折り返し地点までひたすら上りが続きます。

折り返し後は、急な下り坂があり、緩い上りがありと、アップダウンがあります。

距離表示は1km毎、給水所は5km毎(水・アミノバリュー・スポンジ)に設置されています。

トイレは給水所毎に設置されていますが、男性は茂みの影で用を足している人もいます。

フルマラソンの制限時間は6時間(22.5km地点・3時間15分/36km地点・5時間/39km地点・5時間30分)となっています。

スポンサーリンク

コース攻略のポイント

私も2016年大会を走りますが、過去に3回走った経験をもとにして、コース攻略のポイントは次のようになります。

1. 昨年の大会キャッチフレーズは「記録に残らないが、記憶に残る大会」でした。ここにあるように、この大会で好記録を狙うのは難しいです。私も、だいたい自己ベストを10分~20分下回ります。それは、コースの起伏が厳しいからです。

2. 新緑がきれいな森林の中を森林浴している気分で走れるコース、確かにそういう一面はあります。しかし、アップダウンの連続や地面の凹凸、石がごろごろしていたりと、かなりハードなコースです。初めて参加される方は路面の悪さは要注意です。

3. スタートして5kmほどは青葉公園内を走りますが、道幅も狭いので、無理せず流れに乗ってゆっくりと走って下さい。5~10kmは道幅も広くなり、緩い上りなので楽に走ることができます。この区間はペースを上げずにパワーを温存します。

4. 12km~22km(折り返し地点)は上りが続き、足も心もきつくなります。のぼりで歩いてしまうと“歩きクセ”になるので、ペースを落としても走り続けることです。ラストの2kmはきついのぼり坂がありますが、一歩一歩着実に上りきって下さい。

5. 22km~32kmは逆に下りの連続で、最初の4~5kmは一気に駆け下るという状態になります。足にも元気が出てきて、心も元気になりますが、最大の難所はこの後の残り8kmです。

6. 残り8kmは舗装道になりますが、これまでの上りと下りの道で、足の疲労度は最高潮になっています。特に、下りで飛ばし過ぎた場合は、ガクンと反動が襲ってきます。森の中では応援はほとんどありませんが、ここのあたりは沿道の応援があります。疲れた足と心に「ゴールまでもう少し、ガンバ」と励ましながら走ることです。

7. ラスト2kmになると応援の人が一気に増えます。応援をしながら、バーベキューをしている人も多いですが、ここまで来るとゴールはすぐそこです。

その他

1. 完走者には、大会オリジナルキャラクターがプリントされている完走記念Tシャツがもらえます。かわいいTシャツで女性に人気があります。

2. 大会後、郵送で完走記録証が郵送されてきます。10km毎のスプリットタイムも掲載されています。

3. 気温は、15℃~17℃くらいです。昨年は涼しく、一昨年は暑かったですが、短パンとTシャツ(キャップは必要です)で良いと思います。涼しくても、早めの水分補給は忘れないで下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ