ランニングで膝の痛みが気になる!内側の症状って何なの?

ランニングをする上で避けて通れないのが、故障です。

私も何度も何度も泣かされました。

今回はその中で膝の内側の痛みが酷い、がそく炎とタナ障害を紹介します。

スポンサーリンク

がそく炎とは膝の内側、やや下方が痛む、ランナーに多い故障です。

私ががそく炎になった事は2度あります。

1回目は実業団1年目の2004年、2回目は最近の2015年3月です。

どちらも右足です。どちらも試合の次の日に発覚しました。

なってしまったら、3日から4日は日常生活に支障がでます。

特に階段の上り下りは激痛で、その間はエレベーターやエスカレーターを使用した方が良いでしょう。

膝間接の屈曲が1番痛いです。

その後、約1週間程度で回復し走れるようになりました。

が、しかし、足が伸びません!

股関節の屈曲や膝関節の伸展の作用がある半腱様筋(はんけんようきん)などの付着部が、がそくにある為、つまるような感じになります。

原因はやはり、疲労!

特にハムストリングに緊張があると起こりやすくなります。筋肉の提出部分ががそくに付着してる為です。

あとは、X脚だったり、扁平足(へんぺいそく)の方がなりやすいとされてますが、僕はO脚で足底のアーチは高いです。なので、一概にそうとは言えません。

治療法ですが、私は鍼治療(はりちりょう)をお勧めします。ハムストリングにアプローチをして、筋肉を緩めると早く治ります。

スポンサーリンク

タナ障害は膝小僧のやや内側に痛みがでます。これも膝の曲げ伸ばし、階段の上り下りの時に激痛です。

私は2010年に一度経験しましたが、とにかく長引きます。

完治までおよそ2ヶ月かかりました。

原因はオーバーユース、つまり使い過ぎといわれています。

私の場合は、右足を故障したのですが、その時左足を疲労骨折していました。

なのに、無理をして柔らかい芝生の上を少しかばいながら、2時間以上、一週間走っていたらなりました。

バランスが悪かったりしてもなりますね。

どの故障にも言える事ですが、かばいながらランニングしてはいけません。

他の箇所に負担が大きくなり、痛くなります。

膝を故障してしまうと、日常生活にも大きな支障がでます。

治してから、走るのが一番です。

気をつけましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ