ランニングのペースを計算する方法!平均どのくらいで走る?

マラソンの日本最高記録は、高岡寿成(現カネボウコーチ)が2002年シカゴマラソンで出した2時間6分16秒です。

この記録のマラソンペースは3km/分になります。

さて、自分のペースを知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はランニングのペースの計測方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ランニングペースとは

一般的に多くの市民ランナーは、1キロあたり何分かけて走るかという、キロ当たりの時間を基準にしてランニングペースを考えます。

ランニングペースは、時間(分)÷距離(km)ですので、例えば、10kmを1時間で走った場合は、60分÷10km=6分/1km
1キロを走るのに6分のペースということになります。

ランニングペースを意識するようになると、長めの距離を走る場合でも、気持ちの良い一定のペース(イーブンペース)で走れるようになります。

レースでも、イーブンペースで走れると好記録につながります。

ランニングのペースを測るグッズやアプリ

ランニングペースを測るものとして、一般的なのがランニングウォッチ(GPS機能付き)です。

ランニングウォッチには、ストップウォッチ機能の他に、1km毎のペース、ラップタイム(区間のタイム)の機能等がついており、高度なものになると、心拍数の計測や位置情報もパソコンに保存できるものもあります。

ペースを測るものとして、iphoneアプリも一般的になってきています。

ランナーに人気のアプリは次のようなものです。全て無料です。

スポンサーリンク

市民ランナーの平均ペース

市民ランナーはどのくらいのペースで走ると早い部類にはいるのでしょうか。

日本国内のフルマラソン大会の制限時間は6~7時間です。

完走率が90%であれば、参加した90%のランナーはこの時間内にゴールしています。

このペースは、8分30秒~10分/kmになります。

マラソン初心者の方は、この制限時間内に走ることを目標にすると良いと思います。

フルマラソンの一般的な市民ランナーの平均タイムは、男性で約4時間40分、女性で約5時間10分です。

平均タイムのペースは、男性で6分40秒/km、女性で7分20秒/kmとなります。

市民ランナーが目標とするタイムに、サブ4とかサブ3と言われるものがあります。

これは、4時間を切る、3時間を切るということを指しています。

このペースは、サブ4で5分40秒/km、サブ3で4分15秒/kmとなります。

サブ3ランナーはフルマラソンを走る人たちの5%以下、サブ4は約30%です。

早い部類に入ってくるのはサブ4を目指すあたりからで、5分/km以上のペースで走るランナーは、結構早いランナーになってきます。

rapuhyo

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ