マラソン大会

北軽井沢マラソン攻略!坂道に惑わされないように!

更新日:

今年で32回目を迎える北軽井沢マラソンが、今年も6月16日に開催されます。

気持ちのいい高原を走り抜けるコースが特徴の大会です。

今回は、そんな北軽井沢マラソンの詳細とコースについて説明します。


大会概要

正式名称:第32回北軽井沢マラソン

メインコンセプト :君よ、あさまの風になれ

開催日時:平成31年(2019年)6月16日(日)

9:00 ハーフマラソン競技スタート
9:15 6,5kmランスタート
9:30 3kmランスタート

当日も7:00~7:50の間に当日受付が行われるようです。

参加料金

ハーフ:4,000円
6,5km:一般4,000円、中学生2,000円
3km:親子で4,000円、小学生1,000円


申込方法

スポーツワン、ランネット、スポーツエントリー、振替用紙

募集定員及び募集枠(先着制)

ハーフ:800人

6,6km:300人

3km:100人


コース内容

 

北軽井沢グラウンドから始まっての、山や畑の中を通るアップダウンの多いコースになっています。

全体的には落ち着いた街を抜けて、きれいな高原を通る感じなので、コース自体にそこまで怖いことはないと思います。

ただ、時間割を見て少しだけ気になったのは、スタート地点とスタートの速さのタイミングです。

同じ場所からのスタートでしばらくは他の種目と同じルートが続くのに、15分ほどしかスタートのタイミングが離れていないのです。

自分のペースを維持したいのに、他の種目の人と引っかかってしまうということは考えられます。それを防ぐためには、気持ち早めに集団を抜ける、スタート地点から走る場所を工夫する、といった方法がいいでしょう。

いずれにせよ急に遭遇するとやっかいなシチュエーションではあるので、頭の片隅に入れておいていいと思います。

コースのポイント

走り出して、少しの間は平たい道が続くのですが、2kmほどいったところ、ちょうど3kmのランナーさんたちが折り返しにかかったところで下りの道になります。

そこから2kmほどひたすら下っていく形になります。

長い坂道が続くので、走りやすいからとペースを上げていくと、そのあとの展開に影響が出てしまいます。

しかも、この後すぐに下り坂が上り坂になります。

坂道に惑わされず、自分のペースを維持していきましょう!

そこから、ハーフマラソンの折り返し地点まで、アップダウンが連続する場所があります。

登りと下りが、交互に連続というのが厄介です。

走りにくさ的には、連続する上り坂よりもしんどいかもしれません。

メンタル的にも身体的も、負担がかかってしまいます。

この地帯こそ一番の難所といっても過言ではないでしょう。

ここで、きちんと登りと下りを意識したフォームと走り方を維持できれば、タイムもおのずと良くなると思います。

この難所の位置はちょうどハーフマラソンの中盤あたりにあるので、ここで消耗すると、この後に存在する上り坂で消耗した体力を持っていかれてしまいます。

下り坂でも無理にペースを上げすぎずに、上り坂なら体を労りながら...意識をきちんとすれば坂道も楽になると思います。

大会についてあれこれ

この北軽井沢マラソンは、観光地にアクセスしやすい場所で開催されます。

スタート地点とゴール地点である北軽井沢グラウンドから、電車を使って草津温泉にも伊香保温泉にもアクセスすることができます。

また、軽井沢が避暑地としても有名ですよね。

公式サイトにはおすすめの宿泊施設が掲載されているので、マラソンに参加しながら一泊して観光も楽しむ!というのも素敵だと思います。

マラソンでがんばった体を温泉でリフレッシュして、そのまま高原を観光しながら一泊!そんな贅沢もいいんじゃないでしょうか!

おすすめ宿泊施設(公式サイト下に掲載)

前回大会参加者の声

前回大会を完走した方のツイートです。やはり坂道に翻弄される方が多いようです・・・

https://twitter.com/dr_kanaz/status/1008275696366415872

こちらはコースの写真が添えられています。会場へ向かわれる方は電車かバスを使うのがいいみたいですね!

こちらは、毎年応援してくださる方のツイートです!次回の大会でもワンちゃんたちに応援に来て欲しいですね!

コース自体はアップダウンが少し厄介なものの、避暑地である軽井沢の高原を気持ちよく走ることができるハーフマラソンの大会です。

6月の開催なので、気候的にも気持ち良く走ることができるでしょう!

参加される方は準備を怠らずに、万全の状態で大会に臨みましょう!

最後に:大会前の持ち物チェック!

大会用の持ち物はもうチェック完了しましたか!?

必需品からあると便利な物まで一覧にしたので、大会前には必ず確認して下さいね!

絶対に必要なモノ・必需品

・シューズ

・シャツ

・パンツ

・着替え(パンツ、シャツ、タオル)

・靴下

・ゼッケン、受付用はがき、抽選券などレース参加に必要な証

・スマホ

この辺りは無いとレースに出れない、間違いなく困るアイテムです。必ずバッグに入れましょう!

★おすすめアイテム

普通のタオルでも大丈夫ですが、速乾性があり、収納ケースに入っている物は大会の時に便利ですよ。

 

マメは靴の中で足が余分な動きをすることで生まれやすいので、五本指の靴下の方が、おすすめです。

 

あると便利な物(基本)

・タイツ

・キャップ、帽子

・サングラス

・サポーター

・ウィンドブレーカー

・ネックウォーマー(冬のみ)

・アームウォーマー(冬のみ)

・グローブ(冬のみ)

★おすすめアイテム

ランニングタイツは、ワコールのCW-Xが人気です。累計100万枚以上売れた商品なのでかなりおすすめです。

 

サングラスも日中のレースでは必需品です。日差しが強い日のためにも持っておくことをオススメします。

Ferryのサングラスは偏向レンズ・ユニセックス・レンズカラーバリエーションが豊富と使いやすい形になっています。

 

あると便利な物(小物)

・GPS時計

・スマホアームバンド

・リストバンド

・髪留め、ヘアバンド

・ポーチ、バッグ

・サプリメント、ゼリー、塩熱飴

・ゼッケン止め

・乳首保護シール(ニップレス)

 

 

細かいアイテムですが、ニップレスやゼッケン止めはあると意外に便利です。

特にニップレスはお腹の出ている男性は持っておいた方が後々後悔しないと思いますよ。

 

★おすすめアイテム

GPS付時計ならやっぱりガーミンが一番安定していると思います。

バリエーションも豊富なので、自分の好きなものを見つけてみては如何でしょうか。

 

バッグ・ポーチを持たない方はスマホ用のアームバンドが便利です。大会だけでなくて、トレーニング時にも役立ちます。

 

ちょっとお高いですが、性能の良いポーチが欲しい方、買い替えたい方はサロモンのポーチがおすすめです。

デザインもスタイリッシュなので使いやすいですよ。

 

あると役に立つもの

・レジャーシート

・絆創膏、爪切り

・ポケットティッシュ

・ゴミ袋

・雨がっぱ

・交通系電子マネー(要!事前チャージ)

・ワセリン

・ホッカイロ

・充電器、モバイルバッテリー

 

★おすすめアイテム

Tシャツ、下着、パンツなどの衣服と皮膚との摩擦で起こる痛みや靴擦れ等の防止としてワセリンはあると非常に便利です。

こちらのピュアスキンジェリーがおすすめで、値段も手ごろで使いやすい一品です。

 

また、忘れがちですが長丁場なのでモバイルバッテリーもあると便利です。

特に旅行も兼ねていく場合は、何かと役に立ちます。

iPhone・androidともに対応しているこちらのモデルを持っていれば、複数人で参加する場合も心強いですよ。

 

もう準備は万全ですか?本番では忘れ物などしない様に気を付けて、最高のレースにしてきてくださいね!

 

大会の待ち時間などの、時間つぶしにおすすめ『耳で聞く読書』

⇒Audible(オーディブル)

関連記事

人気の記事

1

「お気に入りの音楽を聴きながらランニングする」、この様子を思い描くだけで都会的でスタイリッシュな香りがします。 体に負荷を与えるランニングはモチベーションが大事になりますが、音楽を聴きながら走ることは ...

2

私もいくつかランニング用のサングラスを使っていますが、今ではサングラスはなくてはならないアイテムの一つになっています。 特に、昼間、天気の良い日にランニングする時には必需品です。 今回はランニング用サ ...

3

ランニングアイテム(シューズ、ウェアー、バック、サングラス、キャップ、グローブ等)の中でシューズと並んで欠かせないアイテムは、ランニングウォッチだと思います。 スマートフォンアプリでも、そこそこ数値計 ...

-マラソン大会

Copyright© 【ランニング総合情報】効果的な走り方とフォームで健康に , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.