マラソン大会

箱根駅伝2017の予想!山梨学院大学が優勝候補として奮闘!

更新日:

正月の恒例、箱根駅伝2017が迫って来ています。

各メディアで優勝候補が予想されていますが、圧倒的に青山学院大学が注目されています。

それもそのはず、前回箱根駅伝で優勝していますし、今年の出雲駅伝、全日本大学駅伝でも優勝しています。

もし箱根駅伝2017も優勝すれば、史上4校目となる大学駅伝3冠を達成します。

それだけ世間の注目度も高いです。

ただ、それを阻止しようと他の大学も必死になって力をつけています。

そのうちの1校、山梨学院大学をご紹介したいと思います。


優勝候補のうちの1校の山梨学院大学

22年ぶりの優勝を目指すを山梨学院大学。

前回の箱根駅伝では青山学院大学、東洋大学、駒沢大学に敵わず、8位という結果でした。

しかし、2017年の出雲駅伝では2位、全日本大学駅伝では3位という好成績を収めています。

チームを指導する上田監督は、山梨学院大学の監督に就任して32年目で、山梨学院大学一筋の名監督です。

1985年に香川から来て、26歳で監督に就任しました。

上田監督はここ数年、チームで優勝というテーマを掲げたことがなかったそうなのですが、今年のテーマは優勝。

優勝を目指すチームを作るために今シーズンはハードな夏合宿などで徹底的に強化したそうです。

ここ数年ではチームは非常にいい状態だと話します。


山梨学院大学の注目選手

上村純也(4年)

主将としてチームを支える大黒柱。

左膝を故障して出雲駅伝、全日本大学駅伝を欠場していますが、箱根駅伝2017には復帰します。

主将として悔しい日々を送りましたが、気持ちを切り替えて闘志に燃えています。

佐藤孝哉(4年)

監督が絶大の信頼を寄せるエースです。

秦将吾(4年)

関東インカレ1500m優勝の副キャプテンです。

箱根を楽しむ気持ちが生まれているので、最後は笑って終わりたいと語っていました。

上田健太(3年)

上田監督の息子で前回箱根駅伝史上初の父子出場を果たしました。

ドミニク・ニャイロ(2年)

出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに区間賞を獲得した留学生です。

前回箱根駅伝で花の2区で区間2位でした。

青山学院大学の一色恭志(4年)との一騎打ちが予想されます。

多くの選手にマークされている選手ですので、区間賞争いに注目です。

おわりに

山梨学院大学といえば留学生ランナーが有名です。

実は大学駅伝で留学生を初めて起用したのが上田監督なのです。

チームは100人以上いますが出場できるのは10人。

駅伝は走る選手だけでは勝てません。

サポートする選手もみんな含めてチーム一丸となって戦います。

山梨学院大学のチーム力から目が離せません。


関連記事

人気の記事

1

「お気に入りの音楽を聴きながらランニングする」、この様子を思い描くだけで都会的でスタイリッシュな香りがします。 体に負荷を与えるランニングはモチベーションが大事になりますが、音楽を聴きながら走ることは ...

2

私もいくつかランニング用のサングラスを使っていますが、今ではサングラスはなくてはならないアイテムの一つになっています。 特に、昼間、天気の良い日にランニングする時には必需品です。 今回はランニング用サ ...

3

ランニングアイテム(シューズ、ウェアー、バック、サングラス、キャップ、グローブ等)の中でシューズと並んで欠かせないアイテムは、ランニングウォッチだと思います。 スマートフォンアプリでも、そこそこ数値計 ...

-マラソン大会

Copyright© 【ランニング総合情報】効果的な走り方とフォームで健康に , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.